Thank you.
とお礼を言われたとき、スマートに答えられますか?

何も言わず恥ずかしそうに首を横に振る。
あるいは、自分の顔の前で手を振りながら
No, no.
こんな人が意外に多い気がします。
こんなときはやはり笑顔で
「いいえ、どういたしまして」
と謙虚な気持ちを表したいですよね。
では、あなたならどう言いますか?

(答え)

「いいえ、どういたしまして」を表す英語表現はいっぱいあります。
今回はその中からいくつか紹介します。

まず初級編
You are welcome.
これが最もベーシックです。
ご存じの方も多いですよね。
でもすんなりと口に出して言えない方も多いようです。
こわばった顔で言うと気持ちが伝わりにくいかもしれません。
鏡を見ながら笑顔と一緒に2,3度練習してみましょう。

少しアレンジして
You are very welcome.
あるいはただ単に
Welcome.

自信を持って上の表現が言えるあなたは中級編に進みましょう。
「もちろん」を意味する表現もよく使います。
少しカジュアルな表現です。
Of course.
Sure.
I bet.またはYou bet.

更に上級編
No sweat.
No problem.
Don’t mention it.

初心者の方はとりあえず一つに集中してマスターしましょう。
その後、状況に応じた表現が使えるようにレパートリーを増やしていきましょう。