海外のスーパーで買い物をしています。
支払いのためレジに並ぼうとしたら、
現地の人も同じタイミングで並ぼうとしました。
急いでいないので順番を譲ってあげようと一言
「どうぞ」
さて、英語でどう言いますか?

(答え)

Go ahead.
です。

「どうぞ」= “please”だと思っていませんでしたか?
同じように使えるときもありますが、
完全にイコールではありません。

日本語の「どうぞ」にはいくつかの意味があり、
今回のように相手の動作を促したり、
あるいは物を勧めたりするときには
pleaseは使いません。

Go ahead.
は「前に進め」と言う意味で、
そこから「お先にどうぞ」の意味になります。
また、
同時に何かを言いかけた時に、
「お先に話してください」や、
「どうぞ遠慮なく召し上がってください」の意味にもなり、
便利なフレーズです。