生徒さんの一人が10月から仕事の関係でオーストラリアにおられるので、スカイプで週に2~4回レッスンをしています。

「英語圏にいるのになぜわざわざスカイプで日本人講師とレッスンを?」
「なぜそんなに頻繁にレッスンを?」
と疑問に思われた方もおられるかもしれませんね。

レッスンの内容は、
「今日こう言いたかったが、うまく伝えられなかった」
「こんな風に言ったけど、もっと自然な表現を教えてほしい」
「今度送るメールをチェックしてほしい」
といったことです。

ネイティブに大まかな言い方を尋ねることはできても、日本語の細かなニュアンスをどう英語で伝えるかを、それも英語で質問するのは至難の業。
それにいつも「なるほど」と納得できる答えが得られるとも限りません。
そんなときスカイプの日本人講師だと日本語で細かいニュアンスを伝えて、答えを得ることができます。
この生徒さんは以前ネイティブ講師で英語を勉強されたことがあったそうですが、日本人講師に学ぶ利点に気付かれ、今回はあえて日本人講師を選ばれたそうです。

この方が理想的なレッスンの受け方をされておられるなと感じる理由がもう一つあります。
実は、この生徒さんにこちらから教材を提供したことは1度もないんです。
それはレッスン内容をいつも生徒さんご自身が決めてれおられるからです。
自分の英語力、弱点、それに伸ばしたい能力を理解し、目標をきっちり設定した上で、ステップアップのために日本人講師を上手に使っておられます。

ここまで行かなくても、「目標設定」や「話したい内容」などを明確にしておけば、すべて講師に任せきりではなくて、講師をうまく利用して英語の上達が早い生徒さんになれますよ。

スカイプレッスンも日本人講師も使い方次第です!