Fotolia_86884438_XS

「接客英語」はここ数年新しく作られたジャンルです。
それは、ここ数年で急激に増えた外国人旅行者への現場での対応が必須になって来たことが大きな理由と考えられます。
特に京都や奈良などの日本を代表する観光地では日本人観光客以上に外国人観光客が目立ちます。
様々な外国語が飛び交い、おみやげ屋さんからレストランに至るまで外国人がいないお店はないほどです。
そして、接客英語の必要性は今後も高まることが予想されています。
何しろ日本では、2020年に東京オリンピックが開催されるのですから。

その影響からか、英会話パスポートでも最近は特に接客英語を学ぶためにレッスンをスタートされる方が増えています。

接客の場は、外国人旅行者との会話が最も多く行われる場ですので、そこで働く人達が英語で会話出来たら、外国人の方も安心して日本での滞在を楽しむことも出来るでしょう。
ですから接客英語を沢山の方が身につける事は日本をより深く理解していただき、好きになっていただく上で非常に大切なことと思います。

すでに接客に携わっていらっしゃる方は、接客英語習得の必要性を感じておられるのではないでしょうか。
英語がわからなかったばかりに悔しい思いをされた経験をお持ちの方も多いでしょう。
「ここで、ちゃんと説明出来ていたら!」
「英語で話しかけられて、なんて言っているのかわからない!どうやって切り抜けたらいいの?」
など、実際の経験から「英語は昔から苦手だったのに、どうすれば、、、」と悩んでおられる方もいらっしゃるかと思います。

接客英語を習得するのに、英会話を一から学ぶ必要はありません。
要は、接客時に必要なフレーズが言えれば良いのですから、ピンポイントでシチュエーションに合わせたロールプレイングを何度も繰り返し練習することが効果的です。
ただ、それだけが全てではなく、相手が話している内容を理解し、正確に対応する力を身につけて初めて自信を持って接客にあたれるので同時進行で英会話の基礎を学べば良いのです。

「でも、英会話スクールだと決まったカリキュラムがあって私の業種には合わないかも。」

英会話パスポートのレッスンはその問題をクリアすることが出来る、マンツーマンです。
業種に合わせた会話内容に対応可能で、自分がどんな場面で何を話したいのか等、講師に相談しながら時間をじっくり取って練習していただくことが出来ます。
接客英語だけではく、英語そのものの楽しみ方も知っている経験豊富な講師ばかりです。
英語に自信がない方は基本から、少し話せる方は応用と定着に、とコミュニケーションの力を伸ばし、きっと新しい世界を発見していただけることと思います。

「接客英語」とは言いますが、販売業に携わる人たちだけの英語ではありません。
日本を訪れた外国人の方(日本のお客さま)に対して日本人である私達が「おもてなしコミュニケーション」を取る上で必要な英語ももちろん含んでいます。
道案内、電車の乗り換え、食べ放題レストランでのルール、温泉でのルール、などお店のスタッフではなくても同じお客である私達が話しかけてあげることが出来ればそれに越したことはありませんよね。

日本のおもてなしは、世界に誇れるレベルのものです。
もちろん、身振り手振で乗り切れることもあるのかもしれませんが、しっかり言葉にして説明し会話することで、お互いにニッコリ微笑み合うことが出来れば最高ではないでしょうか。

接客英語シチュエーション例

  • 来店したお客さまに挨拶する、買い物を済まされたお客さまに挨拶する
  • 電話を受ける(予約、クレーム、問い合わせ)
  • 注文を受ける(カフェ、ファーストフード、レストラン)
  • 支払い方法を伝える
  • 店内の案内をする(トイレの場所、○○売り場への行き方)
  • 道案内(お店から観光地へ、お店からお店へ)

(記事:英会話パスポートカフェレッスンスタッフ田村)