こんにちは!スタッフ田村です。

先日、まだ6回目のレッスンの生徒さんが素晴らしい瞬発力を見せてくれたので、そのお話しを。

生徒さんには、毎回1週間に1度日記を書いて来ていただいています。
この時の内容は、行列の出来るパン屋さんで30分並んだお話しでした。

私は通常、2~3個の質問をしているのですが、こんな質問をしました。

Is the bakery always crowded?
「そのパン屋さんっていつも混雑してるの?」

生徒さんのレベルは一般動詞の過去形を終わったくらいですので、やはり “crowded” がおわかりになりませんでした。

日記は実は良い語彙練習になるんです。
テキストには難しい単語は出てきませんが、頻出用語は英会話には不可欠。
特に crowded は、生徒さんに初期に覚えていただきたい単語です。

そこで、生徒さんにまる暗記していただいている
What does ◯◯ mean? 「〇〇はどういう意味ですか?」

を、使っていただき、私は和訳と共に例文をいくつか言うようにします。

Kiyomizu temple is always crowded. 「清水寺はいつも混んでいます」
(私の心の声「あ、私たちは奈良にいるんだった、、、、」)
Todaiji temple is always crowded.

そこで、必死にノートをとっていた生徒さんが一言

「そんなに混んでませんよ。大仏さん。」

これなんです!
これが、瞬発力!
英語で言われたことに対して、無意識に反応した!

この時は、日本語で普通に関西的にツッコミを入れられた感じでしたが、日本語であっても、英語を理解できていなければ突っ込めませんよね。
しかも、この時彼女はノートを取っていたのです。

別の事をしながら、英語を聞き、理解し、返事する事は初級者にとっては難易度がかなり高いのです。

あまり自分の例文にツッコまれる経験がなかったので、私は思わず大笑いしてしまいました。
生徒さんも「すみません!先生にこんなこと言うなんて、すみません!」と謝りまくりです。

でも、やはり褒めてあげましたよー。
ご本人も「そういえば、自然に口に出してました。」と喜んでおられました。

この瞬発力が英語で出るように、これからもっともっと英会話の練習を積んでいきましょうね!