今日は西宮エリアのAmai先生にインタビューです。
写真からも温かみを感じる先生ですが、レッスンに対する「熱い」思いもヒシヒシと感じます。
日記をお勧めする理由なども聞くことが出来ました。
それでは、どうぞ♪

田村:
カフェは賑やかな雰囲気ということですが、周りのお客さんが気になったりしませんか?

Amai先生:
いいえ、常連さんが多い喫茶店なので「英語の勉強をしている人たち」と思われています(笑)。

田村:
レッスンのスタートはどんな感じですか?

Amai先生:
英語で「近頃いかがお過ごしですか?」みたいなやり取りをしてから授業に入ります。
それで、生徒さんによって違いますが、込み入った文法の説明以外は英語で続けていきます。

田村:
結構な英語率ですねー。
生徒さんは先生が英語で話し続けたらポカンとしちゃいませんか?

Amai先生:
まったくそんなことはありませんよ。
ネイティブではない私が、完璧ではない英語で話すので、自信がつかれるのかもしれません。

田村:
テキストは使っておられますか?

Amai先生:
日常会話、旅行会話、ビジネス会話においても、基本フレーズを覚えるため使っています。
ノートも復習して頂けるように取ってもらっていますよ。

田村:
先生は日記の宿題を出したりされますよね?

Amai先生:
そうですね、現在4名ほどの方に日記を書いていただいてます。
日記をお勧めすると、ほとんどの生徒さんが取り組まれますよ。
授業の中で時間が足りない時は、自宅のパソコンに送っていただいて後日添削して返送しています。

田村:
日記は私もほとんどの生徒様に書いていただいてます。
メリットって何だと思いますか?

Amai先生:
私が日記を書くことをお勧めするのは、書くことだけではなく、会話にいかすためなんです。
何度も音読して声に出して練習することで、発話の練習が家で出来ることがメリットですね。

田村:
発話練習を自宅で行う事は全ての生徒さんの課題ですよね。
ところで、先生はなぜ英会話講師になったのですか?

Amai先生:
自分の力がいかせる仕事だと思ったからです。

田村:
ごもっともです(笑)
英会話パスポートの先生は海外経験も豊富な方が多いのですが、先生は教える上で海外経験はどんな風に役に立っていますか?

Amai先生:
ちょっとした異文化体験などをお話しするときに助かります。
英語が出来ることで、外国人のお友達ができたり国籍を気にせずコミュニケーションが取れることは魅力の一つなので、生徒さんにもそれを伝えるようにしています。

田村:
最初はヤル気満々の生徒さんもずっとモチベーションを保つのは難しいですよね。
そんな時はどうなさっていますか?

Amai先生:
生徒さんのやりたいことを授業に取り入れるのが良いと思います。
例えば、旅行会話を勉強されていた方が、旅行から帰られるとモチベーションが下がることはよくあります。
そのようなときは、日常会話に変更したり、趣味のお話しを取り入れるようにしています。
販売業の方でも、外国人のお客様に備えてビジネス英語を覚えられても、思うほど外国人のお客様が来店されない。
そんな時も、日常会話に変更したりしますよ。

田村:
モチベーションを保つには方向転換も一つの方法なんですね。

Amai先生:
そうですね。私にとって一番嬉しいのは、生徒様ご自身が、スキルアップを実感されることです。
ご旅行から帰国されて「たくさん話せました!」と言われたときはとても嬉しい。
そういう声を聞くたびに、試行錯誤してレッスンしてきて良かった、と思います。

田村:
レッスンを行う上でのモットーなどはありますか?

Amai先生:
生徒さんに発話を促す。
それから、生徒様の望んでいる勉強を先取りして授業に取り入れることです。

田村:
英会話講師、あるあるを一つお願いします。

Amai先生:
これを言っていいのでしょうか。
お伝えしてから、私のスペルミスなどに気づいたときに、とっても落ち込みます。
次回のレッスン時に、謝罪から始まります。。。
ネイティブスピーカーにはありえないので、日々勉強です。

田村:
あるある!大丈夫です。
多分全員が同じような経験をしていますよ(笑)
講師も万能ではない、ということですね。
その後にしっかりフォローすることが大切なんだと思います。
それでは、最後に英会話を学ぼうと思っている方へメッセージ、その他一言お願いします。

Amai先生:
英会話の基本は、すでにある知識を、言葉にするだけです。
何も難しいことはありません。
是非、自信を持って一歩踏み出しましょう!
英会話パスポートの生徒様は、みなさん素敵な方ばかりです。
こんなお仕事に携わることができてとても光栄です。

田村:
本当にそうですよね。
そして、Amai先生に学んでおられる生徒さんも先生と出会えて良かったと思っておられると思います。

Amai先生は、児童英語も教えておられるので、ゲームなどの取り入れ方もお上手ですよ。
是非、ゲームについても教えていただきたいですね!

Amai先生のプロフィールはこちら