全国のカフェやスカイプで日本人女性講師に習うマンツーマン初心者英会話

Naoko先生

Naoko先生

naoko先生

レッスンの場所

天神駅(福岡市)周辺のカフェ

職業

英会話教師、フリーランス翻訳/通訳

英会話講師経験

福岡市内フリースクール英語教師2年
大手英会話学校法人課講師

海外経験

米国MA州Mounds View High School1年留学
米国NY州New York School of Interior Design 2年留学
米国NY州6年勤務

資格

TOEIC 990点

可能レッスン

文法、発音、英会話、旅行英会話、日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC試験対策、TOEFL試験対策

レッスン内容

それぞれの生徒さんの希望やレベルに合わせてレッスン内容を作っていきます。

例えば、

文法

基本的な英文法に自信が無い生徒さんには、簡単な問題集を一冊仕上げることをおすすめしています。

もちろん、レッスンで一緒に問題集を行っていくことも可能ですが、レッスンでは、むしろ英文法を通して、英語の生きたニュアンスを楽しんでもらいたいと考えています。

例えば、動名詞と不定詞。

動詞+ingは動名詞で、
to+動詞は不定詞で、
どちらも名詞としての扱い方が出来ます。例文は、、、

といった調子では、退屈ではありませんか?

この、名詞扱いの動名詞と不定詞、実は、文章に与えるニュアンスが全く違うんです。

動名詞のほうは、自分の体験としての、臨場感たっぷりの表現。
一方不定詞は、一般論的な話をする場合の表現。

ですから、例えば、転校して、学校の初日、散々な思いをして帰って来た子どもが、お母さんに、

「友達を作るって大変!」って嘆くときは?、、、そう。動名詞を使います。

”Making friends is not easy!”

臨場感を持って、感情たっぷりに言いたいこと、ありませんか?
では、動名詞を使った文章を作ってみましょう!

といった感じです。

こうして、ニュアンスを含めて、文法を知っていくと、沢山文章を作って、沢山しゃべってみたくなりますよ!

発音

まず、日本語と英語では、話す時の呼吸の仕方も、声の出し方も、アイコンタクトの仕方も違う、ということを学んでいただきます。

そして、発音そのものですが、試行錯誤の結果、今は「1日5分英語発音の筋トレ」に出てくる12の文章を使いながら練習する、という方法を使っています。

この本に出てくる12の文章の一つひとつに発音のテーマがあるのですが、本に載っていないコツも含めて、あの手この手で練習して、マスターしてもらいます。

発音が上達すると、聞き取りも確実に上達します。すると英語へのコンプレックスがウソのように消えていきます。

旅行会話

まず、生徒さんが何処にどんな旅行をしたいかをお訊ねします。
そしてそれに合わせて、その場所について一緒にリサーチしながら、いろんな会話のシュミレーションをしていきます。

例えば、「ニューヨークに行って、沢山おしゃれなレストランやバーに行ってみたい!」

というのであれば、電話での質問の仕方や予約の取り方や、レストランでのメニューの質問やオーダーの仕方、支払いの仕方、マナーについての話をしたり、自分の体験談を話したり。

とにかく、沢山たくさん口を動かしてもらいます。

日常会話

初級レベルの方には、「英会話なるほどフレーズ100」という本を使うのが気に入っています。
段階的に、赤ちゃんに対して使う言葉から、幼児、こども、ティーンエイジャーと対象者が変わっていくのですが、どの表現も、大人同士の会話でも応用が効くものばかりで、この本に載っている表現をきっかけに、色んな方向に英語での日常会話を拡げながら練習することが出来ます。

これも、生徒さんの普段の生活、もしくは、英語を使ってみたいシチュエーションに合わせて一緒に例文を作り、さらっと言えるように、何度も何度も、沢山口を動かしてもらいます。

文法でも、英会話でも、発音でも、目標は、60分のレッスンの間、私が話をしている時間よりも、生徒さんが英語を話している時間がずっと長いことです。そして、レッスン後、「英語って楽しい! 今日はこんなことが出来るようになった!」と感じてもらいながら帰ってもらえると嬉しいです。

おすすめ勉強法

毎日英語に触れる機会を作りましょう!

1、FacebookやTwitterで、英語でつぶやいてみる。

毎日一言でいいので、自分が言いたいことを英語で表現してみましょう。

アルクのHPに「英辞郎」という辞書機能があるのを知ってますか?

自分が言いたいことに出てくる言葉を英辞郎に入れると、その言葉を使った例文が沢山出てきます。

その例文を見ながら、自分の言いたい内容に近い文章を見つけたら、その文章の単語をちょっとアレンジして、はい、出来上がり!

これを毎日繰り返していくうちに、だんだんと、自分で文章を作る力がついてきますよ。

私はFacebookで、生徒さんと英語つぶやき用の非公開グループを作っていて、そこで毎日つぶやいてもらっています。いいね!やコメントなど、そこから生まれる、ちょこっとしたやりとりなどなど、楽しいですよ。

2、英語発音の口の動きをする。

英語の早口言葉とか、いいですね。
赤ちゃん用の英語の絵本など、簡単な韻を踏んだ繰り返しの文章でもOK!

小さなお子さんがいらっしゃる方は、お子さんに読み聞かせしても楽しいかもしれませんね。

「Good Night Moon」(マーガレット・ワイズ・ブラウン著)は、言葉もシンプルでステキですし、最後のページがとても印象的で、娘が小さな頃に、何度も何度も読んであげていました。おすすめです。

1で提案した、自分が書いた つぶやきin English を音読するのも、とてもいいです。

3、英語のドラマ、映画を観る。

音声は英語、字幕は日本語で。
正確に聞き取れなくても、会話のやり取りの雰囲気を楽しむだけでもOK!
「Friends」などは、友達同士でするような、ちょっとした会話が沢山出てくるので、参考になりますよ。

おすすめ教材

文法

「くもんの中学英文法 中学1~3年 基礎から受験まで」(Kumon)

中学でやった筈なのに、文法なんとなく忘れちゃっている~という方は、とにかく一回、基本からおさらいしてみましょう。
中学校で学んだことが蘇って、「あ、そういうことだった!」って改めて理解できると、スッキリしますよ。
中学レベルで十分!

もっとマニアックに文法を知りたくなったら、

「一億人の英文法」大西泰斗/ポール・マクベイ著 東進ブックス

が面白いです。

発音

「1日5分 英語発音の筋トレ」黒川裕一著 中経出版

発音の本は、本当に色々沢山手にとってみたのですが、結局この本に落ち着きました。
12の文章に重要な発音が殆ど全て含まれています。
この発音記号はこう!とか、色々難しく考えるより、この本の付属のDVDのおじさんの、迫力たっぷりな口のアップの動きを繰り返し見て、真似して下さい。
そうしているうちに、「私の発音じゃあ通じないかも、、、」なんてコンプレックスはどこかへ行ってしまいます。
12文あるうちの、1文だけでもいいので、毎日英語で口を動かしましょう!

英会話

「英会話なるほとフレーズ100」スティーブ・ソレイシイ著 アルク

赤ちゃんからティーンエイジャー、そして大人まで、頻繁に使う100の英語表現が載っています。
一つひとつ、とてもシンプルな表現だけど、応用が拡がりやすいものばかりなので、これを教材にレッスンすると、単純な内容から、どんどん発展させていくことが出来ます。
そして、英語のドラマや映画を観ていると、あ!あの時の表現がここに!という機会が沢山出てきます。とっても嬉しい瞬間です。
この本のシンプルな100の表現、応用も含めて完全にマスターしすれば、会話がかなりスムーズになりますよ!

TOEIC

「TOEICテスト 新公式問題集 Vol.5」一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEICを受けるのであれば、どのレベルであっても、必ずこの問題集をやって下さい。
TOEICテスト2回分の問題とその解説が載っています。
2回分のうち、少なくとも1回は、本番と同じ時間で解いてみてください。
TOEICとは、どれくらいのレベルの問題が出題され、どれくらいの量の問題を、どれくらいの時間で解かなくてはいけないのか、ということを体験することによって、リスニング時の集中力の配分や、リーディングの時間配分などについて、沢山の学びを得ることができます。

通常レッスン可能時間

月曜日 = 10:00~16:00
火曜日 = ×
水曜日 = ×
木曜日 = ×
金曜日 = 10:00~16:00
土曜日 = ×
日曜日 = ×

スケジュールについて補足

ある程度前もって予約を入れていただければ、ここに記載されている曜日/時間以外でも、調整可能ですので、まずはご相談下さい。

福岡で英会話スクールを探しているみなさんへ

英会話の学びは、筋トレと同じです。
コンスタントに続けることが何よりも大切。
「ここまで来たから、これでおしまい!」といって、放っておくと、自分が到達した場所から離れていってしまいます。
数日サボると、その間に失われた感覚を取り戻すのに、すこし頑張らなくてはいけません。

ですから、

-内容
-時間
-予算
-場所
-講師との相性
-(グループレッスンの場合は)他の生徒さんとの相性

など、あらゆる面を考慮して、自分に合った形の英会話レッスンを見つけてください。
一つでも無理があると、長く続けることが難しくなりますから。

とにかく、定期的に長く続けることが出来る英会話レッスンの形を探すのが、一番だと思います。
もしそれが、私とカフェでレッスンする、という形だったら、嬉しいです!

マンツーマンレッスンのメリット

マンツーマンですと、生徒さんに合ったオーダーメイドのレッスンプランを作ることが出来ます。
そして、60分のレッスン時間まるごと、講師が100%一人の生徒さんに意識を向けることが出来るので、丁寧で細やかな指導を受けることが出来ます。
マンツーマンだと、上達のスピードが全く違いますよ。

カフェレッスンのメリット

気分の和むカフェの空間で、美味しいお茶をいただきながら、気軽な雰囲気でレッスンできるので、無理なく学習を長続きさせることができます。
また、カフェでの飲み物代のみで、教室の会場を借りる経費が掛からない分、レッスンを低料金に抑えることができます。
そして、カフェという外の公共の場で個人レッスンを行いますので、生徒さんにとっても、講師にとっても、安全面で安心です。

日本人講師から習うメリット

日本語が話せるところです!(笑)

冗談はさておいて、補足的なことを、
日本語で細かく正確にコミュニケーションできる、というのは、言語の学習において、とても有利です。

”What did you do last weekend?”

と聞かれて、なんとか、

”I went to a Thai Food restaurant.”

と答えたとします。そこから、先生が会話を広げてくれて、

”That’s wonderful! How was it? What did you eat?”

なんて質問してくれるけど、ほんとは、このレストランに行くことを決めるまでのエピソードが、週末一番の面白い出来事だったから、そこのところを語りたい。、、、。
だけど、そのエピソード、とても英語では説明できないし、それ以前に、自分が語りたいことがあるって、先生にどう切り出したらいいかも分からない、、、。
ので、とりあえず、先生の質問に一生懸命答えてる。。。。
講師が外国の方の場合、こういったパターンがよく観られます。
講師が日本人の場合、こういった葛藤が無く、先生にそのまま自分の思いを相談して、そこからレッスンプランの方向付けをすることが出来ます。
(もちろん、同じ日本人講師でも、こういったリクエストを話しやすい相手である、ということが、まず第一条件なのかもしれません。)
また、文法での説明なども、補足的に日本語を使うことで、理解までの時間をグッと短縮することができます。
その分、生徒さんが英語を話す時間をたっぷりと設けることが可能となり、60分のレッスン時間を最大限に活用することができます。

その他PR

英語でもヨガでも、自分が持っているスキルを人に伝えることで、相手に喜んでもらうことが大好きです。
英語に関してですが、高校生として、大学生として、社会人として、あわせて10年以上アメリカに滞在した経験を持ち、TOEFLもTOEICも講師としてだけでなく、実際に自分が受験生として勉強に取り組んだ経験を持ち、また、金融、インテリアデザイン、ヨガ、通訳、翻訳など様々な分野において英語を使った仕事を経験しているので、英語に関する引き出しがいっぱいあります。

といっても、英語圏で育ち初めから英語がぺらぺらだったのではなく、こてこての日本人で片言しか話せないし、殆ど聞き取ることもできないというレベルから、英語のプロとして仕事をさせていただけるまで、一つひとつ階段を上ってきました。
ですから、あらゆるレベルの生徒さんの気持ちが理解できます。
テキスト通りの英語ではなく、生きた英語にたくさん触れて、楽しく学びましょう!

趣味

タイ古式マッサージ(受けるのも大好きですが、施術するのも大好き!)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カフェレッスン

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 英会話パスポート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.