英語で発音が難しく、通じ難いと勘違いされている単語があります。
その代表がマクドナルド。
実際、通じなかったという体験談を時々耳にします。
でも、通じない原因は発音ではありません。

真犯人はアクセントです。

米語では「ミクダナル(ド)」のような発音で、初心者にはちょっと難しそうですよね。
でも、無理してネイティブのように発音しなくても大丈夫です。
ポイントは…
発音は日本語の「マクドナルド」のままで大丈夫。
ただし、日本語の強弱がないフラットな言い方ではなく、1個目の「ド」を大げさと思えるくらいに強く発音してみてください。

日本語だと「マクドナルド」のどこを強く読んでも理解してもらえないことはまずないと思います。
でも、英語の場合は発音と同じくらい、あるいはそれ以上にアクセントが重要です。
発音が多少違っていても通じることは多いですが、アクセントが違っていると嘘のように通じません。

自分の発音した単語が通じるかどうか知りたい。
でもチェックしてくれるネイティブがいない。
そんなときに便利なのがGoogleの音声検索。
もちろんGoogleは日本語のページではなく、米国版などを使ってみてください。
発音チェックするのに結構役立ちます。

URLは
https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0
です。

早速「マクドナルド」を実験してみてくださいね。