台風21号では、降り続いた雨の影響が全国のあちこちでありましたね。
被害があった地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
私の家のすぐそばには川があり、氾濫危険水位まで達し、避難勧告も出て、不安な夜を過ごしました。

本当によく降りました。台風の前からずっと雨の日が続いたので、
雨はもううんざり  I’ve had enough of all this rain!
・・・そんな気分でした。

さて、雨にもいろいろありますが、それを英語で表現してみましょう。

一般的に、
雨が降るは It rains.
雨が降っているは It’s raining ですね。

小雨の場合は It’s drizzling.

土砂降りの場合は It’s pouring.
イギリスでは It’s chucking down./ It’s bucketing down.
などとも言います。

雨でびしょ濡れになったは
I got soaking wet.
My clothes are soaking!
I was drenched by the rain.

“rain” といえば、覚えておくと便利なフレーズを一つ。

急なお誘いや招待で都合がつかず、またの機会に是非とも・・・なんてこともありますよね。

そんな時は
I need a rain check.
または
I’ll get a rain check.
と言って断ります。
今回は無理だけど次絶対ね、って感じです。

もともとは野球の試合が雨で延期になった場合の日にち変更のチケットから由来した言葉です。

初心者の方には少し難しかったかもしれませんね。
でも機会があれば使ってみてくださいね。

【難波】Mari先生