「列に並んでください。」

混雑したお店の中で、人気のお店で、駅の電車待ちで。

外国人観光客の方と日本人が一緒に並ぶ、という光景も珍しくなくなってきましたね。

 

でも、ちゃんと並んでいるお客さんの前で「横入り」が!

日本人のお客さんは困惑。

 

そんな時英語で

「列に並んでください。」

と言いたいですよね。

 

さて、どのように言えば良いのでしょうか?

日本では当たり前の「列にきちんと並ぶ」という行動ですが、日本では常識的な行動が海外では必ずしもそうではないようです。

 

「並ぶ」という習慣。

一様には言えませんが、海外ではこのような習慣がないわけではないのです。

 

沢山の人が一度に一箇所に集中すると混雑、混乱が起きるのは世界中どこでも同じです。

ただ、日本人のようにきっちり順番を守ることで不必要な混乱を避け社会の秩序を守る、皆が気持ちよく平和に過ごす、という社会常識が外の国ではそれほど重要視されていない(場合もある)、ということなのでしょうね。

 

郷に入っては郷に従え。

“When in Rome, do as the Romans do.”

ですから、ここはしっかりと英語で言ってみましょう。

(アジアの国の方には通じないかもしれませんので、日本語と両方言うという手もあります)

列の最後尾を指差す!ということも忘れずに。

 

答え

 

Excuse me, please stand in line.

(line = 列)

 

他の言い方も見てみましょう。

接客以外でも便利に使えるので是非覚えてくださいね。

 

Please line up.

並んでください。(line up = 列に並ぶ)

 

Please wait in line.

並んで待ってください。

 

That’s the end of the line.

あれが、列の最後尾ですよ。


4月30日まで!スカイプレッスンでご入会の場合、入会金10,000円(税別)が無料に!

→スカイプレッスンはこちら