英会話パスポートについて

スクール名

英会話パスポート

スクール創業 2005年2月
会社名 スクールカンパニー株式会社
会社設立 2012年10月
代表取締役 大野博康(奈良県立郡山高校、関西大学出身、1969年2月生まれ)
事務所住所 京都府木津川市相楽台1-4-2
お問合わせ お問合わせフォームよりお願いいたします。

英会話パスポート代表より

みなさん、こんにちは。

英会話パスポート代表の大野です。

 

数あるホームページの中から、見つけていただいてありがとうございます。

 

2005年にゼロからスタートした英会話パスポートですが、今では多くの講師のみなさん、生徒のみなさんに支えていただいて、毎日楽しく仕事をさせていただいています。

本当にありがとうございます。

35歳まで英語をまったく話せませんでした

そもそも私が英会話パスポートを始めたのは、私自身が「英会話を習いたいなー」と思ったからなのです。

 

実は私自身、35歳まで英語をまったく話せませんでした。

 

26歳の時に当時勤めていた損害保険会社の社員旅行でグアムへ行ったのが、海外デビュー。

それまで一度も海外へ行ったことがありませんでした。

そこで自分がまったく英語を話せないことを思い知らされました。

 

その後毎年1回程度海外旅行に行くようになりましたが、「英語が話せたらもっと楽しいだろうなー」「話せない自分が恥ずかしいなー」と思うようになりました。

 

そこで英会話スクールに通うことにしたのですが、正直なところ、あまり話せるようになりませんでした。

他の英会話スクールにも通ってみましたが、結果は同じでした。

 

最大の原因は私の努力不足だと思うのですが、英会話スクールに対して違和感を持つようにもなりました。

 

当時の私は、「海外旅行に行った時にもっと英語が話せたらいいなー」と思っていたのですが、英会話スクールのレッスン内容とは少しズレがありました。

グループレッスンだったのですが、終わってみると「あ、今日はほとんど話せずに終わってしまったなー」ということも少なくありませんでしたし、

レッスンを継続するために、また数十万円払わないといけない、ということもあって通うのを止めてしまいました。

 

その後、「自分が習いたいことをリクエストできて、できればマンツーマンで、できるだけ安い料金で、そんな英会話スクールがないかなー」と探してみたのですが、見当たりませんでした。

 

「では自分でやってみよう!」と始めたのが英会話パスポート、という訳です。

 

当時は私自身も週1回程度のペースで2年ほどレッスンを受けて、海外旅行ではほとんど困らないレベルになりました。

いわゆる「ペラペラ」にはもっと努力が必要ですが、海外旅行で困らないレベルには誰でも到達できると信じています。

学生時代に英語専攻ではない、留学経験もない、30代半ばで始めた私でも到達できたのですから。

新しい自分へ、思い切って第一歩を

「私に英会話なんてできるかなー?」と躊躇されている初心者の方、

英会話パスポートでは初心者の生徒さんがたくさん習っておられます。

ぜひ気軽に第一歩を踏み出してみてください。

 

外国人講師のレッスンで上達しなかった方、

今度は日本人講師で始めてみませんか?

英会話パスポートには非常に熱心で優秀な日本人の先生がたくさんいます。

 

カフェでのレッスンに抵抗があるという方、

カフェは適度なざわめきがあって、シーンとした教室よりリラックスできますし、意外に集中できるものです。

 

各地のカフェで体験レッスンを行っています。

カフェの雰囲気や先生の教え方をじっくり見ていただけます。

 

英会話は勧誘されてではなく、自発的に始めないと意味がないと考えていますので、勧誘などは一切ありません。

安心して気軽にお越しください。

 

みなさんとご縁があることを楽しみにしています。

お待ちしています。

 

体験レッスンのお申し込みはこちらよりお願いします。