担任制オンライン英会話のメリット・デメリット

講師固定の担任制オンライン英会話のメリット

オンライン英会話には、大きく分けて

  • 担任制のスクール
  • レッスンごとに講師を選ぶスクール

があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

オンライン英会話スクールを選ぶ際にはその両方を理解した上で、どちらが自分に適しているのかを見極めることが英会話上達の重要なポイントのひとつになります。

 

スクールを検討する際には、英会話の目的と目標、レッスンの受講予定期間、自分の性格等も考慮に入れましょう。

また可能であれば、客観的な英語の自己評価、特に弱点が分かっていれば、自分に合ったスクールを見つけやすくなります。

 

ここでは、担任制に焦点をあて、メリットとデメリットを説明していきます。

担任制オンライン英会話とは?

担任制オンライン英会話は、毎回同じ講師が担当する形式の英会話レッスンです。講師が固定されるため、毎回のレッスンで新しい講師に慣れる必要がありません。

講師と生徒が一貫して学習を進めることで、学習の質を向上させます。

初心者にはオンライン英会話は担任制をおすすめします

担任制のメリット

講師が長期的な視点でレッスンをしてくれる

担当の講師は、山頂までの登り方を熟知している山登りのガイドのような存在です。

その人の持っている力などを考慮して、最適なペースとルートを選んでくれます。

オンライン英会話の担当講師も同様で、長期的な視点を持って目標まで導いてくれます。

着実に導いてくれるガイドと一緒に英語を学べることが担任制の最大のメリットです。

個別指導でしっかり弱点を補強する質の向上

講師は体験レッスンや初回レッスンで生徒の弱点と強みを把握し、ベストと思われるレッスンを組み立ててくれます。

そして、その後のレッスンで弱点を重点的に補強していきます。

必要な所では時間を多めにかけたりして、英会話の基本の足場を固めてくれます。

レッスンをカスタマイズ

毎回講師が違う場合、決められたテキストで決まった内容のレッスンが行われることがほとんどです。

生徒さん、一人ひとりの英語力は違っているのに、そのことはあまり考慮してくれません。

 

担任制の場合は、同じテキストでも、それぞれの方に合った使い方をしてくれます。

文法事項をしっかり理解することが必要なのか、あるいは流暢さを向上する練習が必要なのかなどを判断し、それを基にテキストを進めていきます。

通常は1回のレッスンで終わるユニットでも、必要と判断すれば、再度同じユニットを行ったりもします。

最適なテキストを使用

生徒さんの目標や希望、また英語力を総合的に考えて、講師がピッタリのテキストを選んでくれます。

 

講師を毎回選ぶスクールでは、テキストのどのユニットを使用するのかを、生徒自らが選ぶことがほとんどです。

その方法だと、自分に何が必要なのかがはっきりしていない初心者にとっては、遠回りをする結果になるかもしれません。

信頼関係が構築され緊張せず受けられる

オンラインで英会話のレッスンを受けるとなると、緊張するのが普通です。

毎回先生が違うと、

「今度の先生、怖くないかな」

「先生の話すこと分からなかったら、どうしよう」

など、ドキドキしたり、不安になりながらレッスンを受けることになります。

頭が真っ白になってしまって、落ち着いていれば難なく言えることが、うまく話せないというようなこともあるかもしれません。

 

担任制だと最初の数回は緊張しても、すぐに慣れて緊張がなくなり、自分の力を発揮できるので自信にもつながります。

最大限に英語を吸収する状況を作れることで、早い上達が望めます。

学習に一貫性があり継続しやすい

楽しいレッスンでも、忙しかったり、疲れていたりすると、ちょっと億劫になるときも出てきます。

そんな気分の時に、次のレッスンの予約をするとなると、

「今日は疲れているから休んで、明日にしよう。」

などと言い訳をして、休んでしまいがちになり、それが結果的に退会につながったというのもよく聞く話です。

 

担任制だと、レッスンを定期的に受けることが習慣化される上に、たとえ休みたくなっても、既に予約が入っていることが背中を押してくれます。

その結果、途中で諦めてしまう可能性が下がり、目標を達成できるようになります。 

効果的なフィードバックとレッスン中の無駄な時間が少ない

担任の先生だと、毎回の自己紹介などが必要ないので、無駄な時間が少なくなります。

またウォームアップのための雑談でも、前回話していた内容をより掘り下げたり、

学んだ表現を使ってみたりして、時間を有効に使えます。

また必要な場合は、すぐにレッスン内容に入ることも可能です。

担任制のデメリット

曜日・時間などが固定

担任制のスクールの多くは曜日や時間を固定するシステムになっています。

そうなると、シフトの仕事をしている方などは希望する時間帯にレッスンが受けられないことがあります。

 

英会話パスポートでは、毎回のレッスンの最後に、先生と次回レッスンの約束をするので、シフトのお仕事の方やお忙しい方でもレッスンを確実に受けることができます。

また曜日と時間を固定にしておいて、都合が悪いときのみ変更することもできます。

講師と馴れ合いになってしまう

レッスンを重ねていくと、どうしても講師と馴れ合いになってしまうことがあります。

そうなってくると、チャットで時間が過ぎてしまったりして、無駄な時間が増えてしまうかもしれません

 

でも、英会話パスポートなら、そんな心配も無用です。

講師が生徒さんの英語力アップを第一に考えているので、馴れ合うことのプラス面は上手に利用しながら、英語力をアップする指導もしっかり確実に行っていきます。

 

また、担当講師の発音や表現だけに慣れてしまうと心配される方もおられるかもしれません。

そんな方のために、英会話パスポートでは外国人講師のレッスンも用意しています。

日本人講師で練習したことを試してみたり、担当の先生と違う発音に触れることができます。

担当講師と相性が合わない可能性がある

担当講師と相性が合わない可能性がある

1回きりの講師だと、性格や話が合わなくても、次回からはその先生のレッスンを受けなければいいだけです。

でも担当講師となるとそうは行きません。

我慢してレッスンを続けるか、退会することになります。

 

英会話パスポートなら、体験レッスンの時点で、レッスンの曜日・時間帯が合っているかはもちろんのこと、先生の教え方やバックグランド、それに趣味まで確認した上で、自分に合う講師を選べます。

さらに生徒さんも講師も女性で、友達感覚でとても楽しくレッスンを受けていただいています。

そのため、英会話パスポートの生徒さんで、先生と性格が合わなかったとおっしゃる方は1%以下です。

 

万が一、途中でどうしてもその先生とのレッスンの継続が難しくなった場合でも、無料で何度でも講師の変更を受け付けていますので安心です。

 

また、何か気になることがあれば無料のカウンセリングがありますので、すぐに解決できます。

担任制オンライン英会話の選び方

講師の質と相性を確認する

体験レッスンを通じて、講師との相性を確認することが重要です。

講師の資格や経験をチェックし、自分の学習スタイルに合うかを見極めましょう。

英会話パスポートなら、体験レッスンの申し込みの前に無料カウンセリングで希望講師について相談ができます。ぜひ活用してみてください。

レッスンの柔軟性とコストを考慮する

自分のスケジュールに合ったレッスン時間を選べるか確認します。

費用対効果を考慮し、自分にとって最適なプランを選びましょう。

まとめ

本気で「英語を話したい!」と思っておられるなら、まずは目標に到達できるのを全力で手伝ってくれる、自分にピッタリのスクールを見つけましょう。

最後になりますが、初心者に限っていうと、担任制のメリットの方が、デメリットよりもかなり大きいと言えるので、まずは担任制のスクールを検討されることをおすすめします。